しまんちゅシネマ

映画ノート

十三人の刺客

 
63年の同名映画のリメイク。
三池崇史監督が豪華キャストで撮りあげたエンタテイメント溢れる時代劇です。
 
十三人の刺客 (2011) 日本
監督:三池崇史
出演:役所広司山田孝之伊勢谷友介沢村一樹松方弘樹稲垣吾郎/市村正規
 
オスカー前哨戦にチラホラ名前が出てくるのに未見だった~。
ってことで慌てて観ましたが、時代劇苦手な私の不安もすっ飛ぶ、痛快傑作時代劇でしたね。
 
残忍でやりたい放題の藩主を暗殺するために、13人の刺客が集結するという
単純明快なお話で、これは面白かった!
 

その暴君、明石藩主斉韶を演じる稲垣吾郎が最高ですね(笑)
将軍の弟で、じきに老中に就任するという、権力を笠に着た男。
冒頭からその残忍さが炸裂、蹴るという伏線も見せてくれます。
 
 
 
 
 
こんなやつに天下を任せられないってことで、侍たちが集結。
天下泰平の世とあって、侍たちとて若い者は実践を伴わない時代。
それでも、今こそ戦わなければならない、命をかける侍魂が胸を打ちます。
 
 
でもなんたって三池監督ですから、あたりきしゃりきな時代劇に仕上がってるはずもなし。
ゴロちゃんの絡むシーンではホラーとコメディの融合という、監督らしい持ち味を見せてくれてますね。
ゴロちゃんの一言一言には爆笑でしたよ。
日本の劇場でも爆笑だった? 私がひとりひんしゅくだったかな。
 
斉韶には、血で血を洗い死んでいった武将たちが乗り移っていたのか
生きる実感を感じられない狂気のお殿様を演じきったゴロちゃんに拍手。
その狂気は現代の若者に通じるものかもしれません。
 
役所広司は、言葉が分かりやすくいいですね。内面の温かさを感じる流石の演技。
アンチ侍ながら十三人目の刺客に加わる 山男 伊勢谷友介のフットワークの軽妙な戦いぶりも見事。
 
戦いの場となる関所がまるごとからくり屋敷のような仕掛けがあって、これがまた楽しい。
なんでもありの戦いぶりに、監督の時代劇への殴りこみ的意図を感じます。
 
三池監督作品ということもあって、アメリカでも大変な人気なので、
これをオスカーの代表にしたら良かったのにと思うけど・・。
ともあれ、新しい感覚の時代劇として世界にアピールする力は十分。面白い作品でした。
 
  イメージ 5 記事が参考になりましたらポチンとよろしく。 
  さんきゅ