しまんちゅシネマ

映画ノート

【映画】マーニー

今年は名作の数々を一本でも多く観ていきたいと思っているのになかなか進まないぁ。
で、今日は久々にヒッチコック

マーニー(1964)
Marnie

【あらすじと感想】
会社経営者のマーク(ショーン・コネリー)は面接を受けにやって来た美女マーニー(ティッピー・ヘドレン)に盗癖があることを見抜くが、好奇心が勝り雇い入れることに。
やがて謎の多いマーニーに惹かれていくマークだったが、彼女はある日会社の金庫から金を盗み出しこつぜんと姿を消す。

『鳥』(1963)に続いてヒッチコックにヒロインとして起用されたティッピー嬢の美しいこと。
そりゃショーン・コネリー演じる社長さんも夢中になるってもんでしょ。
でもそれじゃ面白くないってことで、マークを「珍種の野生動物の生態に興味あり」って設定にして、必然性を付け加えてますね。

これほどの美貌を持ちながら男っ気がないどころか
身体に触れようとするだけで石みたいに固まってしまうマーニー
しかも稲妻を異様に怖がったりと彼女は謎だらけ
そもそも秘書として十分に優秀な美女が何故盗みを繰り返し、嘘を重ねるのか。
好奇心を掻き立てられたマークは、彼女の生態に迫ろうとするんですね。
いつしかその目的はマーニーを救うためへとシフトしていくわけです。

秘密は小出しにはされるものの、後半まで完全には明かされません。
マーニーに冷たい母親の存在が鍵なのは早くから察しがつくので
『サイコ』の焼き直しかと思ったらすこーし違った。

残念なのは謎の解明の大半がマークの探偵を使った調査によるものなところ。
勿論最後には母の告白で全てがわかるのだけど、謎解き的な面白さには欠けますわな。

あと、時代的なものなのか、ティッピーの演技下手なのか
はたまたそういう演出なのか
「マーニー稲妻を怖がる」のオヨヨな図などは志村けんのコントかと思うほどで
思わずじゃじゃじゃじゃーん!な音楽を鳴らしてあげたくなった

ま、でもそれもこれもどうでもいい。
女子的にはセクシーコネリーとティッピー嬢を観てるだけで眼福だし
シンデレラストーリー的なラブコメとして楽しめたのだから。

うらやま!


映画データ
製作年:1964年
製作国:アメリ
監督:アルフレッド・ヒッチコック
脚本:ジェイ・プレッソン・アレン
出演:ショーン・コネリー/ティッピー・ヘドレン/マーティン・ガベル/ダイアン・ベイカー/マリエット・ハートレイ
ブルース・ダーン/ルイーズ・ラサム

【映画】カサンドラ・クロス

志村けんさんの訃報に驚いてます。
人工肺を使っているということで、重篤だとは思っていたのだけど
しばらくしたら「大丈夫だぁ」とお茶の間に帰ってきてくれると、根拠なく楽観的に期待してたのに。
ご冥福をお祈りします。

コロナの猛威が止まらない今日この頃
先日『カサンドラ・クロス』が放映されたので観ました。

カサンドラ・クロス(1976)
The Cassandra Crossing

【あらすじと感想】
ジュネーヴの国際保健機構に急患を装った三人のゲリラが潜入し、銃撃戦が始まった。一人はガードマンに射殺され、残りの二人は細菌類が保存されている部屋へ逃げ込んだ。室内で撃たれた拍子に病原菌を浴びるが、一人は逃走し、ストックホルム行きの大陸横断鉄道へ乗り込んだ。

さて、ここからは密室である列車内で感染が広がっていくわけです。
列車内には神経外科医であるチェンバレン博士(リチャード・ハリス)が乗車しており、そのことを知った米軍のマッケンジー大佐(バート・ランカスター)は博士にテロリストを探し隔離するよう要請するんですね。
パニックを避けるため乗客には内緒で。
リチャード・ハリスは離婚した元妻(ソフィア・ローレン)と車掌の協力を得て車内を駆けずり回るものの、感染者は徐々に増えていく。
コロナショックの今見ると、うわぁ、それやめて と、テロリストの行動一つ一つにハラハラ。

ところが意外とツッコミどころ満載でね。
まず、細菌の扱いがぞんざい。

列車内は酸素濃度が高いから細菌の分裂が早まって短時間で治癒する?
どのくらいの時間が経った設定なのかわかり難かったですけど、感染した皆さん、短時間でピンピンに回復してたのには、マジかよと。

あと、テロリストを車外に出す手段がヘリコプターから籠を下ろして吊り上げるというのも、まず列車停めたらどうなん?って思ったな。
行き先を変更させてる時点で、運転手には協力を得てるはずだし。

そんなわけで、細菌パニック映画として観てる前半はツッコミどころを楽しんだわけですが、そこから映画はタイトルのカサンドラ・クロスが重要な意味を持つ、とんでもな方向へと突き進むんですね。

いやはや恐ろしい。
これイタリア製作らしいですね。
詳細には言及しませんが、アメリカが作ったら流石にこれはできなかっただろうという内容。


ラストは指揮を執った米軍大佐バート・ランカスターの苦悩を感じると同時に、
さらにその上こそが恐ろしいのだと心臓が凍り付く思いでした。

ジャンキーなマーティン・シーンや、ポーランドの収容所で妻子を失くしたスタラスバーグなど、結構サイドストーリーを詰め込むなぁと思ったら、後半彼らにもその背景に応じた重要な役割を持たせていてオールキャストを使いきる腕前に感心。

クライマックスの地獄絵は圧巻で、突っ走る列車同様、ノンストップで楽しめるパニック映画となってました。

 

映画データ
製作年:1976年
製作国:イタリア/イギリス
監督:ジョルジ・パン・コスマトス
脚本:ジョルジ・パン・コスマトス/ロバート・カッツ/トム・マンキウィッツ
出演:ソフィア・ローレンリチャード・ハリスバート・ランカスターイングリッド・チューリンエヴァ・ガードナー/ジョン・フィリップ・ロー/マーティン・シーン

 

 

【映画】荒野の誓い

 

イタリアでは多くの人がコロナで亡くなり、お葬式も二週間待ちだとか。

病院にズラリと棺が並ぶ映像に胸が痛みます。

 

今日紹介するのは西部開拓時代末期のアメリカを舞台にした西部劇。

沢山の死が描かれる弔いの映画でもありました。

 

荒野の誓い(2017)

監督:スコット・クーパー
出演:クリスチャン・ベイルロザムンド・パイクウェス・ステューディ
ロリー・コクレイン、ベン・フォスターティモシー・シャラメ、ポール・アンダーソン、スティーヴン・ラング

【あらすじと感想】
1892年、インディアン戦争で名を挙げた伝説の陸軍大尉ジョー(クリスチャン・ベイル)は、退役間近のある日、がんを患ったシャイアン族の首長イエロー・ホークとその一家をモンタナまで護衛するよう命じられる。多くの仲間を先住民との戦いで亡くしたジョーは彼らを深く憎んでおりその任を拒むものの、上官はこれを聞き入れない。断れば年金もなしと脅され苦渋の思いで小隊を率いることになるジョーだったがその道は険しかった。

癌を患ったとはいえ、囚われの身である先住民の「故郷で死にたい」との希望を軍が聞き入れるのはまれなことのはずで、これは白人の先住民への迫害が問題になり始めた時代背景を示唆しているのでしょう。上官のジョーへのあたりが厳しいところにも時代の流れが垣間見えます。
ジョーら兵士たちは殺らねば殺られる過酷な任務を幾多とこなし、多くの仲間を失ってもきた。すでに心はズタズタなのに任務自体を非難される時代になりアイデンティティは揺らぎ、理不尽に憤るしかないわけです。
この辺りは現代の戦争に従事する兵士にも通じるところでしょう。
ダークナイト』でバットマンを演じてきたベイルはここでもヒーローの葛藤を静かな演技で見せてくれます。
そしてベイル同様に寡黙な演技で観客の胸を打ってくるのがロザムンド・パイク
パイク演じるロザリーは残忍なコマンチ族に一家を惨殺され、腕の中で銃撃された我が子を抱いたまま、焼け焦げた家に茫然自失の状態でいるところをジョーの小隊に発見保護され旅を共にすることに。
パイク絡みで記憶に残るシーンも多い中、特に印象的なのは殺された家族を葬る場面です。ジョーたちがシャベルで墓穴を掘ることを拒み、自らの指で硬い地面を掘ろうとするのですが、どう見ても痛そうな彼女の演技に引き込まれずにはいられない。
半分イッちゃってるゴーン・ガールなパイクの慟哭にも思わず涙がこぼれました。

前半先住民への怒りを全身で表現するロザリーですが、彼女の存在はこの映画で大きな意味を持つことになります。我が子の血で汚れたままのドレスを着ていたロザリーに子を持つ女性ならではの気づかいで自分の服を提供する先住民の女性。その申し出を受け入れることを機にロザリーは先住民一家に心を開きはじめ、その柔軟性は同じ哀しみと怒りを秘めたジョーの心情にも変化をもたらすのです。

冒頭本作は弔いの映画でもあると書いたように、多くの死と弔いが描かれますが、思えばこの映画は戦争映画でもあって、作り手は戦争の過酷さを伝えてもいるのですが、根本は人種や土地のために人間同士が争う無意味さを問う映画なのでしょう。
差別や偏見で国民の心が分断する今だからこそ、過去の歴史の過ちから大切なものを学ばなければならない。そんな作り手のメッセージが伝わりますね。

ラストシーンはもしかすると賛否が分かれるところかな。
クールに決めて欲しかった として、最後のジョーの行動を容認しない人もいるでしょう。
だけどね、多分ジョーはあの荒野での約束を守りたかったんだと思う。
その結果として、穏やかな未来を得たとして、その選択をどうして否定できるでしょう。
戦争で仲間を失った人は、自分だけが幸せになることに罪悪感を感じるのかもしれないけれど、呪縛を解いてハッピーになっていいんだよと 救いに胸をなでおろしたのでした。

 

 

 

 

【映画】ヴァイラス(1998)

【 

f:id:puko3:20200314110517j:plain



コロナが世界中に広がりを見せる今日この頃
日本はクラスター発生が群発してますが、相対的な勢いは弱まりつつあるのかな。
政府の自粛申請が功を奏している格好でしょうか。

今日紹介するのはジョン・ブルーノ監督による1998年の作品『ヴァイラス』。

 

ヴァイラス(1998)
Virus

ドナルド・サザーランド扮するエバ―トン船長率いる運搬船シースター号が南洋航行中に台風に遭遇。積み荷を流され全財産を失った船長は失意から自殺を図ろうとするが、その時クルーが海上に船舶を発見。近づいてみるとそれはロシアの衛星探査船ボルコフだった。しかし何故か船内は荒らされひとけがない。
「難破船をロシア政府に引き渡せば莫大な報酬が得られる」としてボルコフ号を再始動させるクルーだったが、そこには想像を絶する危険が潜んでいた
ってな感じでね。

わたくしその「危険」というのが恐ろしい病原菌の類で
まさにタイムリーなウィルス・パニック映画と思い込んでいたんですわ。えぇ、勝手に。

でも・・違ったやん。。笑

 

まずこれ完全なるSFの範疇で、探査船を襲ったのが世界征服を狙う知的生命体なんだと。
面白いのはこの電磁波宇宙人(?)は肉体を持たず、探査船内の死体やら機械やらあらゆるものを使って実体を作り上げていくところ。しかも奴らは人間を「絶滅させるべきヴァイラス」として攻撃してくるからたまったもんじゃない。

人間がウィルスと闘う話だとばかり思っていたのだけど、これは人間がウィルスとして駆除される話だった。今の時代に作られたら「それも良かろう」とあきらめムードにも浸りそうだが、90年代はまだ人間に勢いがある。
かくして宇宙人VS人類 生き残るのはどっちだ!なサバイバル戦が展開するのです。

B級映画と言えばそれまでだし、どうしても『エイリアン』や『ターミネーター』などを思い出すが、クルーにジェイミー・リー・カーティスやウィリアム・ボールドウィンらを揃え、キャラを生かした闘いっぷりが思いのほか面白い。
欲の皮が突っ張ったドナルド・サザーランドの成りの果てには笑うしかないが、彼はベテランなのに嬉々としてこういう役を演じてしまうところが好き。

嵐のシーンから始まり、この時代には存在しなかったドローン似の機械にお仕事させたり、様々なシーンの視覚効果もなかなかのもの。
ターミネーター2』や『トゥルーライズ』などの視覚効果を担当したビジュアル・エフェクト・アーチスト、ジョン・ブルーノの監督のデビュー作と知って納得したのでした。

【映画】パーソナル・ショッパー

暫く忙しくしてましたが、ようやく落ち着いてきたので久々に映画記事を。

パーソナル・ショッパー(2016)
Personal Shopper

【あらすじと感想】
多忙なセレブに代わり服やアクセサリーを調達するパーソナル・ショッパーとしてパリで働くモウリーン。
もう一つ彼女がパリに暮らす理由は、亡くなった双子の兄ルイスからのサインを受けとるため。共に霊媒体質を有する二人は、どちらかが死んだときにはあの世からサインを送ろうと約束していたのだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オリヴィエ・アサイヤスがカンヌで監督賞を受賞した心理ミステリーということで興味を持ってました。でも内容を知らなかったので観てみてちょっとビックリ。

 

モウリーンを演じるのはアサイヤスの前作『アクトレス〜女たちの舞台〜』でもコラボしたクリステン・スチュワート
セレブのパーソナル・ショッパーという今回の役は有名女優のアシスタントという『アクトレス~』の役柄に通じるものがあり、前作の派生的な作品です。

モウリーンは双子の兄を突然亡くし喪失の淵にいます。
同時に兄と同じ心臓の奇形を有していることから死への不安も抱えていて、どこか心あらずで不安定。

忙しく世界を飛び回る雇い主とは殆ど会えず、モウリーンはまるで実態のない人物のために雑用をこなすかのようで、彼女の存在自体が実態を感じられないのです。

内容を知らずに観たのでちょっとビックリと書いたのだけど、この映画は思いがけない展開を見せます。まず、あの世の兄と交信しようとする時点で「思いがけず」ホラーだし、ある事件まで勃発し犯人は誰だというミステリーへとなっていくのですよ。


と、ここからはネタバレで書かかせてもらおうと思います。
というのも、様々な疑問への答えを提示されていないため、とりあえず独自の解釈を書き、それをもとに感想を述べなければこの映画を語るのは難しいから。

なので、興味のない方、これから観ようとする方はこれ以上は読まないでください。
スピリチュアルなミステリーであり、解釈の難しい映画なので、そういったものに興味のある方にはお勧めします。

 

とうことで、ネタバレ開始


まずは様々に散りばめられた謎(疑問)を整理しよう

疑問 その1
モウリーンは列車で移動中、スマホで謎の人物からメッセージを受け取りチャットするが送信者は誰だったのか

疑問 その2
モウリーンは雇い主キーラの惨殺死体を発見する
キーラを殺したのは誰なのか

疑問 その3
謎のチャット相手に呼び出されホテルの一室に赴くモウリーン
部屋の鍵が開く音と同時に画面が暗転
その後に起きる不可解なシーンの意味は

疑問 その4
最後にモウリーンは恋人のいるオマーンに行く。
そこでラップ音を聴き霊と交信。ルイスは安らかか?と問うが答えは「No」
最後のモウリーンの言葉、「気のせいなの?」の意味するところは?


私自身の解釈としては、キーラを殺したのはキーラの元彼のインゴで
モウリーンのスマホに連絡してきたチャット相手もインゴだと思う。これはほぼ間違いなし。(警察の取り調べの中で、キーラの死後、何者かがキーラのコンピューターでメールをチェックした履歴が残っていた)

おそらくはモウリーンを犯人に仕立て上げようとしたインゴが、警察に事情聴取された後証拠不十分で釈放されたモウリーンを殺すためホテルに呼び出したのでしょう。
その後ホテルを出たところを待ち伏せしていた刑事に捕まり、彼らに発砲していたことからインゴが銃を所持してホテルに入ったことは確か。

ではモウリーンはどうなったのか。
実はモウリーンはチャット相手(インゴ)からホテルの329号室に行くよう指示されたけれど、彼女はその隣の部屋に入ったのでしょう。部屋で聴いたのはインゴが隣のドアを開ける音だったと思われます。

画面が暗転した後、インゴがホテルを出る前に、まるで透明人間のように姿のないものが自動ドアを開け通っていく様子が映し出されていますが、それはおそらくルイスの魂で、彼がモウリーンを守るために部屋番号を入れ替えたのでしょう。

その後モウリーンはルイスの元カノの新しい彼氏アーウィンと会って話をしています。アーウィンとの会話は映画を理解する上でキーとなるものがたくさん詰まってました。

 

問題は疑問4で示したオマーンでのラストシーン
モウリーンは霊と交信し、最後に「気のせいなの ?」という台詞を放って映画は終わります。正直この時点で「はぁ?」となってしまった。


気のせいって何? モウリーンの体験したすべてが気のせいってこと?
殺人事件も、霊との交信も??

それではあまりにもつまらない映画になってしまうではないですか

でも「気のせい?」と訳されてる台詞、実際には「Is it me ?」なんですよね。

思うにルイスの霊が平穏でいられないのは、モウリーンがルイスの死の悲しみから抜け出せていないからではないのかな。

モウリーンの心の平穏がない限りルイスの魂は浄化できないのでしょう。ラストでモウリーンはルイスの平穏を乱してるのは「私なの?」とようやく気付いたのだと思います。

もう一つ、モウリーンはホテルでインゴに射殺され、その後の彼女は幽霊という見方もできますが、そこは解釈が難しいところ。

とにかく「全部、気のせい?」では解釈が広がらず困惑するしかなかった。
読み取りが難しい映画での翻訳者の苦労というのを感じるところですね。

ちなみに今回私はスタチャンでの観賞でしたが、映画の中のクリステンの台詞の語尾がいちいちキャラに合わない気がして気になってました。公開バージョンやDVD等とは比べていないので他で観るともっと違う印象だったかも。

いずれにせよ、これは愛する者の死を受け入れる過程を描くグリービングの物語でした。映画の感想としては、コミュニケーションが希薄な世の中にあって
自分が好きなものが何なのか、どうすることを望んでいるかも定かでなく
誰が死んでるのか生きてるのかさえわからない世界観が面白かったし、グリービングを変わった角度から捉えたところも興味深く、飽きずに観ることができました。
ホラー味が強すぎなのは個人的にはきつかったけれど、クリステンはうまい役者です。


長文駄文ごめんなさい。お付き合いくださった方に感謝です。