しまんちゅシネマ

映画ノート

クリストファー・プラマー追悼『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』

f:id:puko3:20210217125825j:plain

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019)
Knives Out

【あらすじと感想】
世界的ミステリー作家ハーラン・スロンビーの85歳の誕生日パーティーが開かれた。その翌朝、ハーランが首から血を流した遺体となって発見される。
血しぶきの飛び方に遮るものが何もないことから、自殺と思われたが・・


世界的に有名なミステリー作家ハーラン・ブランの死をめぐるミステリーです。
先日お亡くなりになったクリストファー・プラマーさまが出演されてて観ましたが、これが期待以上に面白かった。

立派な洋館の書斎で主のミステリー作家が首を掻っ切った遺体となって発見される。
警察の初動捜査で自殺と処理されたが、ブノア・ブランという私立探偵の元に再捜査を依頼する手紙が届いたことから、事件から一週間後、自殺か他殺かをめぐり、再び聞き取り調査が行われる・・というお話です。

f:id:puko3:20210217125840j:plain

当日ハーラン家を訪ねたのは、誕生日パーティに出席したハーラン家の一族
ジェイミー・リー・カーティスマイケル・シャノントニ・コレットクリス・エヴァンスなど癖のある役者が勢ぞろい。
血族関係のないのは、第一発見者であるお手伝いさんと、ハーランの専属ナースのマルタ。他殺だとしたら、この中の誰が犯人かという流れ。

実はハーランはお金を持ちすぎた故に家族の独立を妨げたと後悔していて、家族ともちょっとしたトラブルがあったのが分かってくる。
一族の誰がハーランを殺してもおかしくないといった設定で、アガサ・クリスティの王道ミステリーをほうふつさせるんですね。
実際、監督のライアン・ジョンソンは、アガサ・クリスティに捧げる密室殺人ミステリーとしてオリジナル脚本を執筆したらしい。

 

ちょっとだけネタバレになるんですが・・・

これ、実は物語の序盤でハーランが死に至った経緯が描かれ
いわゆる「犯人」が誰かを見せてくるんですよね。

でもそれが序盤すぎるところに観る方は「?」を感じてしまうし
わざわざ名探偵を投入する意味は何だろうと不思議に思うわけです。

f:id:puko3:20210217125903j:plain

私立探偵ブノア・ブランを演じるのはダニエル・クレイグ
そもそも彼は依頼主が誰なのかを知らないということで
いったい誰が「再捜査を望んでいるのか」というところも謎。

英国人のダニエルさんが南部訛りで喋るところがなんか可笑しいんですが、さらに可笑しいのは、ナースのマルタをワトソン君並みの助手みたいに捜査に利用するところ。

というのもマルタはハーランのよく話し相手で、家族のタラブルに関してもよく知っている。おまけに彼女は嘘をつくと吐いてしまうという体質であることから、うそ発見器みたいに「使えちゃう」わけです。
王道でありながら、そんなちょっと型破りな要素を加えるところがコメディよりで現代的。
ブノア・ブレンもちょっとオフビートだけど、鮮やかな推理手腕を発揮してくれるのも見もの。コミカルでテンポよく、2019年のアカデミー賞脚本賞にノミネートの脚本はひねりもあって最後まで楽しかったです。

ちなみにゴールデン・グローブ賞ではコメディ部門の作品賞のほか、男優賞と女優賞にダニエル・クレイグとマルタ役のアナ・デ・アルマスが仲良くノミネートされてます。
この二人『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』でも共演してますね。

いきなり死体で登場するプラマーさまですが、時間を巻き戻した形でお元気な姿を見せてくれるのが嬉しい。
富豪らしい気品とミステリー作家らしい遊び心を持ち、家族の将来を思う優しいおじいちゃんという役どころを、プラマーさまは魅力的に演じてました。

再見含め、出演作を今後もボチボチ観て追悼したいと思います。

 

映画データ
製作年:2019年
製作国:アメリ
監督/脚本:ライアン・ジョンソンアンソニー・ミンゲラ
出演:ダニエル・クレイグクリストファー・プラマー/アナ・デ・アルマス/ジェイミー・リー・カーティスドン・ジョンソンマイケル・シャノントニ・コレットクリス・エヴァンス

【映画】白夜行 -白い闇の中を歩く-

f:id:puko3:20210131023841j:plain

白夜行 -白い闇の中を歩く- (2009)
White Night


【ストーリー】
密室となった廃船で質屋の店主が殺害される。決定的な証拠はなかったが、容疑者の死亡により事件は一応解決する。
しかし、担当刑事のハン・ドンス(ハン・ソッキュ)は腑に落ちなかった。
容疑者の娘で、子供とは思えない妖艶な魅力を放つ少女イ・ジアと、被害者の息子で、どこか暗い目をした物静かな少年キム・ヨハンの姿が気になっていた。
それから14年後、美しく成長したジア(ソン・イェジン)と、闇を抱え、謎に包まれたヨハン(コ・ス)の周辺で不可解な事件が立て続けに起こり、2人の意外な関係が浮かび上がってくる。——。【公式サイトより】


東野圭吾の『白夜行』の韓国版。
被害者の息子と容疑者の娘となった二人の周りで起きる出来事を、14年の歳月を交錯させ描くサスペンスミステリーです。

2006年製作の綾瀬はるか主演のドラマと2011年製作の堀北真希の映画はどちらも未見ですが、韓国版は最初に事件が起きた子供時代と、14年後、大人になったジア(原作では雪穂役)とヨハン(原作では亮司役)の周りで様々な事件が起きる、その2つの時代を時間軸を交錯させ描いてまして、途中は大胆にカットした形ですね。

今回、原作を後から読んだので、ジアとヨハンの関係も、14年前に(原作では19年前)何が起きたのかもわからないままの前半は、概要を把握しづらかったというのが正直なところ。

それでも、ジアとヨハンの繋がりが次第にわかってくるに従い、面白さが増す作りなので良しでしょう。登場人物が少なくなってはいるものの、主な事件は(役割を変えて)網羅されていて原作の雰囲気を壊してないのは凄い。

原作にない事件が付け加えられていたり、原作では描写されていない犯行現場を視覚化しているシーンもあり、刑事の推理だけで終わっていた殺人事件の全容を見れるのも面白いんですよね。

f:id:puko3:20210131024020j:plain

ジアとヨハンの交流シーンなどは新たな解釈ともいえるもので、それによって2人の繋がりを一層に感じることができるのは本作の魅力でもあります。

f:id:puko3:20210131023950j:plain

大人になったヒロイン ジア(雪穂役)を演じるのは『愛の不時着』で人気のソン・イェジン、ヨハン(亮司役)にコ・ス。
白夜行』というのは、そのまま読むと白い夜を行く。「実際には暗い夜のはずなのに、光を感じられる中を行く」といった意味のようで、太陽の下を歩けない罪を背負った二人が、それでも互いの存在を光(心の支え)として生きていく姿を表しているのでしょう。

「いつの日か一緒にお日様の下を歩きたい。」

そんな夢を持ち続けた2人。

ラストシーンのジアの行動に驚いたのだけど、ジアを守るヨハンの気持ちを受け止めた上でのあのセリフだったのだろうと今は思う。

切ない。。


刑事役にハン・ソッキュ。彼は質屋の主人殺人事件の時から関り、現在ジアの周囲で起きている事件を捜査するとともに、ジアとヨハンの繋がり、さらには14年前にあやふやになっていた事件の真相を追い求める執念の刑事です。

途中を削っているので、地道な捜査で積み上げた刑事の推理を生かせないのは残念に思うところですが、息子を事件に巻き込んでしまったというエピソードを付け加えることで老刑事の悔いと執念を補てんし、さらに息子と同じ年頃のヨハンへの父性のようなものまで感じさせたところに人間ドラマとしての深みも出ました。

ダークで儚いミステリー。
原作ファンにもお勧めしたい一本です。

 

映画データ
製作年:2009年
製作国:韓国
監督:パク・シヌ
脚本:パク・ヨンソン、パク・シヌ
出演:ソン・イェジンハン・ソッキュ/コ・ス/イ・ミンジョン/チャ・ファヨン

 

【映画】ジョジョ・ラビット

f:id:puko3:20210117142312p:plain

ジョジョ・ラビット(2019)
Jojo Rabbit

 

第二次世界大戦下のドイツを舞台に、10歳の少年の成長を描く戦争ドラマです。

【ストーリー】
第二次世界大戦下のドイツ。10歳の少年ジョジョは、空想上の友達であるアドルフ・ヒトラーの助けを借りて、立派な兵士になろうと奮闘していた。
しかし、心優しい彼は訓練でウサギを殺すことができず、“ジョジョ・ラビット”という不名誉なあだ名をつけられてしまう。
そんな中、ジョジョは家の隠し部屋に、ユダヤ人少女エルサが匿われていることに気づく。やがて、ジョジョは皮肉屋のアドルフの目を気にしながらも、強く勇敢なエルサに惹かれていく——。【公式サイトより】


爽やかな少年少女合唱団の歌声をバックにしたFOXサーチライトのオープニング・ロゴにいやがおうでも気持ちが上がと、次には『抱きしめたい』(ドイツ語バージョン!)
しかも民衆が熱狂しているのがビートルズではなくヒトラーというのがまた。。監督の音楽センス凄いわ。

10歳のジョジョは立派な兵士になるべくヒトラーユーゲントに参加し訓練に励んでいます。子供に銃や手りゅう弾持たせて、戦争に駆り立てようとするくらいドイツは敗戦の色濃い頃なわけで当然ホロコーストも横行している。
ヒトラーなどもはや熱狂を受ける存在ではなかったはずだけど、前半はそのあたりに触れません。

ユーゲントでの訓練は戦争ごっこのノリで楽しいし、敬愛するヒトラージョジョのイマジナリーフレンドとして励ましてくれる。
子供の目線ではドイツはまだ前途洋々なのです。

しかし、ジョジョの家にユダヤ人の少女エルサが匿われていることを知ることになると、映画の見せ方も少し違ってきます。
隠すべき秘密を抱えたジョジョの周りでにわかに不穏な空気が漂い始め、ジョジョが物事を知れば知るほど危険がせまってくる。
やがて観客もジョジョと一緒に銃弾飛び交う市街戦に放り込まれることになるわけで、徐々に加速する戦争の恐怖の描き方はなかなかのものです。

ただ本作はアクションを売りにした戦争映画ではありません。
子供目線なのはきっと、バカげた教育を真に受けてしまう子供をえ描くことで、偏見のまかり通る今の時代に、何かを感じて欲しいというメッセージがあるのでしょう。

ジョジョユダヤ人に対してとんでもない偏見を持っていましたが、エルサを知り、実際に彼女の美しさや強さに触れることで、純粋にエルサに好意を持つのです。

ジョジョ自身、怪我で希望する戦闘訓練から外されたり、顔に傷が残るなど弱い立場になったからでもあるでしょう。
傷ついて初めて人は人の痛みに共感できるようになる。挫折が人を成長させるという描き方も優しくて好き。


サム・ロックウェル演じるヒトラーユーゲントの指導者キャプテンKもまた挫折を知る人でしたが、ハチャメチャに見えて、実は誰よりも世の中を正しく見据える男だった。ロックウェルは期待を裏切りません。

もうひとり、重要な役割を担うのがジョジョのお母さんを演じるスカ―レット・ヨハンソン。
ジョジョに危険が及ばないよう、ユダヤ人少女を匿っていることも内緒にしている母親ですが、彼女は常に正しい考えを持ち行動している強い女性です。

キーワードは「できることをする」。
誰かが「できることをする」ことで、世界はより良い未来に向かうことができるのだと、平和の重みを感じる一本でした。

 

映画データ
製作年:2019年
製作国:アメリ
監督/脚本:タイカ・ワイティティ
出演:ローマン・グリフィン・デイヴィス/トーマシン・マッケンジータイカ・ワイティティサム・ロックウェルスカーレット・ヨハンソン

 

【映画】ミッドナイト・スカイ

今年の抱負の二つ目は、新しめの秀作も観ていくこと。
最近はアカデミー賞Netflixオリジナル作品が多くノミネートされるようになったのでNetflixに再加入することにしました。コロナの影響で4月に延期された賞受賞式までに話題作は観ていきたいと思います。

まずはジョージ・クルーニーが監督&主演をつとめたSF『ミッドナイト・スカイ』から。


f:id:puko3:20210112142457j:plain

ミッドナイト・スカイ(2020)
The Midnight Sky

【ストーリー】
2049年。急速に大気汚染が拡がり、地球は滅亡を目前にしていた。
人々が脱出に向け避難を開始する中、病に侵された科学者オーガスティン(ジョージ・クルーニー)は一人北極の展望台に残り、帰還途中の宇宙飛行士に地球には戻れないことを伝えようとする・・

リリー・ブルックスダルトン原作のSF小説『世界の終わりの天文台』の映画化です。
映画の中で急速に進む大気汚染の原因を明確に示唆してはいませんが、地球温暖化か核戦争か・・
いずれにしてもこのディストピアな近未来を絵空事とは思えない状況になってきました。

死にいく地球を捨てる日が来ることを予測し、地球外に人類が生息可能なコロニーを見つけることを研究してきた科学者がジョージ・クルーニー扮するオーガスティンです。

しかし研究に没頭するあまり、家族との繋がりを失ってしまった彼は今、滅びゆく地球上で孤独な最期を迎えようとしています。

そんな彼の最後の使命は、地球外のコロニーを探索する役割を担った宇宙船アイテルに、地球には戻れないことを伝えること。少しでもクリアな交信環境を求めブリザードの中探索するオーガスティン。
映画は彼の挑戦を、地球へ帰還途中の宇宙船の様子を交え描くつくりです。

地球の最後を描くSFですが、本作がいわゆるディザスター映画とは違うことは原題からも読み取れます。

ミッドナイト・スカイ(午前0時の空)はいわゆる新たな一日の始まりを意味していて
これは人類の明日を描く希望の映画でもあるのです。

f:id:puko3:20210112142526j:plain



劇中、オーガスティンは天文台に取り残されたと思しき少女アイリスと出会います。
彼女はオーガスティンの作り出した幻覚または妄想です。

朝食を摂ろうとシリアルを準備したらすでに食べかけのボウルがテーブルに置かれているシーンは、彼の精神がおそらくは治療で混乱していることを示唆しているし、
序盤、オーガスティンは避難中の夫人が娘を見失ったとパニックになっているのを目撃しており、そのことが頭にあったという見せ方でしょう。

少々ネタバレですが、フラッシュバックから明らかになるのは、少女はオーガスティンの娘であるということ。妊娠は間違いだったと告げられ、生まれたことも知らされなかった娘ですが、彼は偶然に幼い頃のアイリスを遠くから見かけていたのです。

オーガスティンが少女と食事中にグリーンピースで遊んだり、彼女を守るのは父親としての役割を追体験しているのでしょう。

オーガスティンを演じるクルーニーは、ゆっくりとした動きで孤独な老人を違和感なく演じています。

終盤、オーガスティンが宇宙船の乗組員と交信するシーンでは、彼がなぜ命をかけてまで宇宙船にメッセージを伝えたかったのかが明かされます。
オーガスティンとサリー(フェリシティ・ジョーンズ)の会話が感動的でね。
仕事に没頭し家族を失った孤独な科学者が最後に心の平安を得たことに安堵。
オーガスティンが一筋の涙を流すシーンに心が震え、「It's very nice to finally meet you.」のfinallyに涙腺崩壊でした。

宇宙空間での事故など、映像的な見どころはあるのですが
世間の評判がもう一つなのは、SFにしては作風が淡々としているからかなぁ。
説明も少なめなので、わかり難いと感じる人もいるかもしれないけれど
丹念に伏線が仕込まれ、全てが繋がるときに大きな感動があります。

原題の説明の中でも言及したように、これは人類の未来に希望を見出すお話。
道筋をつけたオーガスティンとフロンティアとして道を切り拓こうとするサリーの親子の物語であり、人との繋がりが希薄になりがちな今こそ観るべき映画だと思います。

 

映画データ
製作年:2020年
製作国:アメリ
監督:ジョージ・クルーニー
脚本:マーク・L・スミス
出演:ジョージ・クルーニー/イーサン・ペック/フェリシティ・ジョーンズ/カイリン・スプリンガル/カイル・チャンドラーデミアン・ビチルデヴィッド・オイェロウォティファニー・ブーン

【映画】誰が私を殺したか

映画ブロガー(一応)的今年の抱負のひとつは、メジャーであるなしに関わらず古い名作をたくさん観ること。
そんなわけで新春初投稿はこちら

f:id:puko3:20210104094704j:plain

誰が私を殺したか?(1964)
Dead Ringer

ライアン・ジェームズの原作を『何がジェーンに起こったか?』のベティ・デイヴィス主演で映画化したサスペンスドラマです。
監督は俳優出身のポール・ヘンリード。

【ストーリー】
双生児の姉妹イーディス(ベティ・デイヴィス)とマーガレット(ベティ・デイヴィス2役)は、マーガレットの夫フランクの葬儀で再会する。
かつてイーディスはフランクを愛していたが、マーガレットがフランクの子供を妊娠し、フランクは責任を取る形でマーガレットと結婚していた。
葬儀後マーガレットに誘われ邸宅を訪れるイーディス。マーガレットに子供のことを尋ねると幼くして死んだと応える。
しかし、帰りの車中、運転手に「マーガレットは一度も子供を産んでいない」と聞かされ、策略だったと知ったイーディスはマーガレットを呼び出し殺害。
自身が自殺を図ったように状況を整えたイーディスはマーガレットの服に着替え、マーガレットの乗ってきた車に乗り込み邸宅に戻るのだった。マーガレットに成りすまして。

 

【感想】

何がジェーンに起こったか?』(62)で妹と確執のある姉を怪演したベティ・デイヴィスが今回も姉妹のドロドロサスペンス劇場を盛り上げてくれます。いかにも二匹目のどじょうを狙った感がありますが、グロテスクな衝撃を伴った前作よりも本作の方が面白いです。

 

面白さの理由、まずはベティ・デイヴィスが確執のある双子の姉妹を一人二役で演じている点。髪も顔も同じながら、まとう空気の違う2人を演じわける演技力には、彼女にいびつなメイクも狂気も必要ないと思わせてくれますね。

f:id:puko3:20210104093503j:plain

モノクロが美しい撮影もいいんですよね。
序盤、二人一緒にいる場面ではマーガレットがベールで顔を覆っていることが多く、さもありなんと納得するんですが、2人の顔がしっかり見えるときには、両方デイヴィスなのに驚きました。この時代にどう撮影したんでしょう。
違和感なく編集したとしたら、その技術も大したもの。

 

妹を殺し屋敷に入ってからは、正体がバレないかと気をもませます。
屋敷でイーディスが顔のベールを初めてとる瞬間や、鍵のかかった金庫の扉をメイドの目の前で開けなければならないシチュエ―ションなど、デイヴィスの緊張の演技は勿論、戸惑う使用人の表情など、役者陣の演技、サスペンスフルな演出も秀逸です。

 

フランクの遺産を受け取る書類にサインするため、イーディスがマーガレットのサインを練習するシーンは『太陽がいっぱい』を思い出すところ。
結局短時間では習得できないと悟ったイーディスの行動には度肝を抜かれました。

f:id:puko3:20210104093547j:plain

おそらくはマーガレットが嫌い、部屋に近づくことも許さなかったであろう飼い犬が、イーディスにすぐになついてしまうのは、使用人たちに偽物と気づかれそうでひやりとさせると同時に、犬にも善人、悪人を見分けることができると感じさせます。

 

イーディスはマーガレットを殺した殺人犯ではあるけれど、真からの悪人ではないと思わせるのに一役買っていて、マーガレットのクズさ加減と凶悪性が明かされる頃には、完全にイーディスに共感&肩入れしてしまいます。

そして、もしも葬儀のあとマーガレットの屋敷に寄らず、偽装結婚の事実を知らずに済めば、マーガレットを殺すことはなかったのではないか
また、せめて殺人を決意するのが数日遅ければ、フランクの遺産の一部がイーディスに贈られ、バー経営の行き詰まりに自暴自棄になることもなかったかもしれない
あるいはホッブズ刑事の愛に気づいていたら、マーガレットへの憎しみも幾分和らいだのではないか・・などイーディスが罪を犯さずに済む道を選べなかったのかと考えずにはいられません。

 

しかし、人を殺めてしまった事実は覆らず、その罪から逃れることはできないというのがこういう映画の掟でしょう。坂道を転がり始めた運命はさらなる不運を身にまとい、やがてマーガレットの犯した罪まで背負うことになる皮肉。

 

どっちにしても殺人罪は逃れられない中、イーディスがマーガレットとして極刑を受け入れるのは、ホッブス刑事のために、彼の愛する「虫も殺せぬ優しい女性イーディス」として自身を葬りたいと思ったからかなぁ。

そして、すべて気づいていたかもしれないホッブスがなにも言わないのは、イーディスのその思いを受け止めたから。
堅実、誠実なホッブスを演じるカール・マルデンがいいんですよね。
殺伐とした映画になりがちな本作に優しさを与えていて素晴らしかった。

 

情念に突き動かされたクライムサスペンスと思いきや
孤独な中年男女のささやかな恋のドラマに最後は泣かされました。名作です。

 

 

 


映画データ

製作年:1964年
製作国:アメリ
監督:ポール・ヘンリード
脚本:アルバート・ビーチ/オスカー・ミラード
出演:ベティ・デイヴィスカール・マルデン/ピーター・ローフォード/ジョージ・マクレディ