しまんちゅシネマ

映画ノート

【映画】『アド・アストラ』父を訪ねて三千里・・なんてもんじゃない

f:id:puko3:20200706152412j:plain

 

アド・アストラ(2019)
Ad Astra

【あらすじ】
近い未来。ロイは地球外知的生命体の探求に人生を捧げた父を見て育ち、自身も同じ道を選ぶ。しかし、その父は探索に旅立ってから16年後、地球から43億キロ離れた太陽系の彼方で行方不明となってしまう。その後、エリート宇宙飛行士として活躍するロイに、軍上層部から「君の父親は生きている」という驚くべき事実がもたらされる。さらに、父が太陽系を滅ぼしかねない通称“リマ計画"に関わっているという。父の謎を追いかけて、ロイも宇宙へと旅立つが……。(amazonより)

【感想】 

ブラピ演じる宇宙飛行士ロイが、宇宙で消息を絶った父を探しに遠く海王星の彼方までもいくという近未来SFです。
タイトルのアド・アストラとはラテン語で「星々へ」という意味らしい。

やたら眠くなるとか、リアリティがないとか、
父と息子の問題をわざわざ宇宙空間を舞台にしなくてもいいんじゃないかとか
あまり良い評判は聞いてなかったですが、あらなに面白いじゃないですか。

やたら眠くなるか?
まぁね、なんせ静かな映画ですよ。
宇宙飛行ものというとスタートレックとかアポロ13とか、それなりのスタッフが必要と思いがちですが、本作の場合、ロケット内にブラピお一人という状況が多く
台詞の大半もブラピの心の声とか、管制への無線連絡という風で
字幕を読むという仕事が少ない分、眠くなる人が多いのはわかります。

リアリティ?
確かに、そんなところから入れるん?とか
その盾みたいなので宇宙の飛来物めいっぱい受けてもまっすぐ飛べるん?とか
いくつかツッコミどころはあるんですが、宇宙飛行のあれこれに詳しくないもので、そのあたりのリアリティについては語れません。

父と息子の問題をわざわざ宇宙空間で・・
そこはいいでしょうよ。
舞台設定をどうするかは作り手の勝手。
本作は父に起きたことを知ることで自分を見つめなおす映画であり
そのためには長い時間も必要だったかもしれません。

部屋で欝々とする映画を見せられるよりは、宇宙空間の素晴らしい映像を堪能したほうがいい。
やがては月旅行もこんなスタイルになるんだとか、資源を求める紛争は宇宙にまで及ぶのかとか、予測される近未来の姿に興味を持てたし
アトラクション的に挿入されるプチトラブルも程よいおめざです。

f:id:puko3:20200706152448j:plain

こういうテーマの場合、本当なら思春期の男の子が主人公となるところでしょうけど
熟達した宇宙飛行士でなければならないからか、はたまた監督とお友達という間柄だからなのか、主役はブラピが務めておりまして、これも正解。
宇宙空間ぼっち映画ではマット・デイモンもかなりいい線いってたわけですが
中年だろうが台詞が少なかろうが、美しい瞳と皺だけでもヘルメットから魅力を溢れさせてしまうブラピにはもはや誰もかないません。
苦悩するその表情を延々眺められることが幸せというもので
結果的に自己中になっちゃったねと思う部分も、リアリティ不足でさえ、楽しめる余裕を持てるのですよ。

ラストシーン
差し出された手に触れる瞬間、ロイの人生はここから始めるのだと
赤ん坊のようなおぼつかなさで歩き始める姿に涙がにじんだのでした。

 

映画データ

製作年:2019年
製作国:アメリ
監督:ジェームズ・グレイ
脚本:ジェームズ・グレイ/イーサン・グロス
出演:ブラッド・ピットトミー・リー・ジョーンズ/ルース・ネッガ/リヴ・タイラードナルド・サザーランド

 

 

 

【映画】マックィーンの絶対の危機(ピンチ)

マックイーン作品をもう一本。

f:id:puko3:20200702180537j:plain

マックィーンの絶対の危機(ピンチ) (1958)

The Blob

【あらすじと感想】

アメリカの田舎町に隕石が落ちる。近所に住む老人がみつけ触れると、隕石に付着したアメーバ状の宇宙生物が老人の手にくっついてしまう。
隕石が落ちるのを目撃したスティーヴ(スティーヴ・マックィーン)とガールフレンドがその場に急行し、老人を発見。病院に連れて行くが老人は生気を失くしていき・・


隕石とともに地球に落ちてきた謎の宇宙生物と対峙するパニックSF映画です。

先月東京上空で目撃された流れ星は隕石だった可能性があり、どこかにかけらが落ちてるかも・・とのこと。

見つけても、むやみやたらと触っちゃだめですよ。もしかしたらブロブがついてるかも(汗)

 

さて、マックィーン初主演ということですが・・
えっと。。マックィーンこの時いくつ?
猿顔のせいか(失礼)全然高校生に見えない(汗)
で、調べたら28歳でした。
どうりで無理あるわなぁ。

f:id:puko3:20200702180756j:plain

ともかく宇宙生物がアメーバ状のブルブルしたやつだし、特撮も大いに手抜き(?)な感じなので別段怖くありません。
マックィーンが出て後世に残ってしまったのでしょうけど、多分にB級のノリ。

でもドラマ部分が意外と普遍的で考えさせてくれるんです。

アメーバを見つけ、人を飲み込むところも目撃したたスティーヴは、危険性を警察に訴えるものの、若者の悪戯にうんざりな警察は「ふざけるな」とばかりに取り合ってくれない。

全てを否定されると、自分が見たことが事実だったかどうかも自信がなくなり
正しい判断を下すことさえできなくなる というのはありだなぁと。
それでも父親とガールフレンドが信用してくれたのが力となり
田舎町を救うため、スティーヴは悪ガキ仲間とともに頑張ることができたのでした。

しつこいけど、老け顔マックィーン、高校生の中でひとり浮いちゃうんですけどね。
ともあれ、大人は若者の資質をつぶさないよう気をつけないといけないね という映画でもありました。

 

最後は「それでいいんかい?」と
ラストの「?」マークとともにまったり脱力な落ちではあるんですが
ティーヴの「北極がいつまでも寒ければ」という台詞に
今どきの地球温暖化を思わずにいられないところが面白いです。

あと30年もすれば、巨大アメーバが海を渡ってやってくるんじゃないかと
今観ると誰もが思うでしょ。

未来を予見した映画として再評価されるかもしれません ね
???

 

映画データ
製作年:1958年

製作国:アメリ
監督:アーヴィン・ショーテス・イヤワース・Jr
脚本:ケント・フィリップス/セオドア・シモンソン
出演:スティーヴ・マックィーン/アール・ロウ/オーリン・ハウリン/アニタ・コルシオ

 

 

ブリット

 

ブリット(1968)アメリ 

Bullitt 

 

【あらすじ】

サンフランシスコ市警察本部捜査課のブリット警部補(スティーヴ・マックイーン)は、チャルマース上院議員ロバート・ヴォーン)から裁判の証言者となるマフィア組員ジョー・ロスの保護を命じられる。ロスは組織の金を横領しマフィアから命を狙われていた。ブリットは部下のデルゲッティ部長刑事やスタントン刑事と交代でホテルの一室にてロスを保護するが、夜中に部屋に入ってきたヒットマンにロスを撃たれ、スタントン刑事も重傷を負う。ロスが自ら部屋のドアを開けたことを知ったブリットは事件の裏になにかがあることを感じ取り、捜査を開始する。(wikiより抜粋)

 

【感想】

ブログのお仲間guchさんが"本格派、超おススメの刑事さん達”の中で紹介してくれた一本。

 

人気絶頂のスティーヴ・マックィーンが主演したピーター・イェーツ監督作品。

サンフランシスコの坂道で繰り広げられるカーチェイスが有名ですが、わたくし初見でございました。

評判のカーアクションはというと、CG混じりの今どきのそれとは違い、派手さはない。しかしだからこそのリアイティがあって緊張するし、部品を落としながら坂道をバンプするところがいかしている。

もう一つのアクションシーンを彩る空港での追跡劇も、移動する飛行機を縫いながらの追いかけっこに度肝を抜かれる。犯人も逃げ足が速いがマックィーンも良く走ったなぁ。

 

アクションが語られることが多いけれど、本作の魅力はそれだけじゃない。

スタイリッシュなオープニングとレストランでのジャズセッション、病院にやってきたヒットマンを追う際の、エアシューターから落ちてくるリネンと走り去る男の絶妙なタイミング等、なんだかリズムがいいのです。

 

追われていたはずのブリットのマスタングが2人の殺し屋の乗ったダッジのバックミラーに映る瞬間にも痺れます。

 

マックィーンはストイックなブリットを寡黙に演じているけれど、人物描写は思いのほか雄弁で、いけすかない政治家はもちろんのこと、必要とあれば上の命令にも背く一匹狼的なところも魅力的。

かといって人と繋がりを持たないわけでもなく、裏社会にも情報を得るルートを持っている。上司にも部下にも信頼されていて、特に強面デルゲッティとブリットの阿吽のバディ感がたまりません。

ストーリー的にわかり難いという感想が散見するのは、チャルマース上院議員を演じるロバート・ヴォーンの存在感によるところが大きいかな。

結局彼は権力を振りかざす政治家でしかなかったのだけど、半端ない憎たらしさで

悪者感を醸し出すので、映画をいい意味でかき回してくれる。

世界は俺様が回してる的なチャルマースが実は利用されていただけだと気づく終盤、スゴスゴと空港を去る姿が印象的でした。

 

一つツッコミたいのは、空港のシーンで本物の(←ネタバレ注意)ロスが銃を持っていたこと。搭乗者のセキュリティが弱すぎなのはリアリティに欠けてしまわないか?

それとも60年代ってそんなものだったのかな。

 

ブリット
 

ベン・イズ・バック

ベン・イズ・バック(2018)アメリ 

Ben Is Back 

 

【あらすじ】

クリスマス・イヴの朝。19歳のベン・バーンズが薬物依存症の治療のために入所していた施設を抜け出し、実家に戻ってきた。母親のホリーは笑顔で迎え入れるが・・・。(allcinemaより)

 

【感想】

ジュリア・ロバーツが薬物中毒の息子の更生を信じる母親を熱演して話題になったホームドラマ。監督は『エイプリルの七面鳥』のピーター・ヘッジズ

薬物中毒の息子ベンを演じたルーカス・ヘッジズは監督の実の息子だったんですね。

 

若者の薬物中毒映画はいくつか観てきたけれど、本作のリアリティは凄いものがある。リアリティと言っても中毒患者役のルーカス君が激ヤセしたとか、ヘベレケ演技を見せるとか、そういうんじゃない。

 

薬物中毒になった理由や、中毒になったベンの背負ってきたものや、ディーラとの関係、家族に及ぼす影響などが実に赤裸々に描かれている。しかも、それをクリスマス・イヴから翌朝にかけてのほぼ一日の出来事の中で見せているのが凄い。

 

家族が留守の間に飼い犬が行方不明になり、ベンが心当たりを探し始めるあたりからは緊張の連続。ベンが戻ってそわそわするのは家族だけじゃないのだということ、中毒から抜け出すことの難しさを改めて知ることになります。

 

ルーカス・ヘッジズは安定のうまさ。

マンチェスター・バイ・ザ・シー』で助演男優賞にノミネートされたのはまぐれじゃなかっと思わせてくれる。

でも本作では何と言っても母親役のジュリア・ロバーツがいい。

何があっても息子を更生させる、絶対に助けるとの強い思いに心を揺すぶられるのですよ。再婚家庭でもあって、家族に迷惑をかけたくないとの思いもリアル。

でも最後に夫に頼ることができたのは良かった。

 

タイトルはダブルミーニングだったんだな。

 

 

疑惑に抱かれて

 

疑惑に抱かれて(1991)アメリカ 

Under Suspicion 

 

【あらすじ】

トニー・アローン ( リーアム・ニーソン ) は元警官の私立探偵。
自分の妻を浮気相手に仕立てて、浮気現場をでっちあげる仕事をしていた。
その日もホテルに浮気現場の写真を撮りに行くと、そこには妻と依頼人の死体があった・・・。(Amazonより)

 

【感想】

リーアム・ニーソン主演の未公開クライム・サスペンスということで食指が動きました。監督/脚本にサイモン・ムーア。

 

リーアム演じるトニーは容疑者の妻ヘイゼルといい仲になり、張り込み先の邸宅で情事にふけっていたところ帰宅した容疑者に銃口を向けられる。

かろうじて逃げることができたものの、警察官の仲間が撃たれ死んでしまう。

 

警察をやめ、しがない私立探偵に成り下がったトニーは、妻を浮気相手に仕立て浮気の現場写真をでっちあげる仕事でかろうじて生計を立てている。

ところがある日、いつものようにでっち上げの浮気現場を撮影するため訪ねたホテルの一室で、トニーは依頼者と妻の死体を発見するのだった。

 

誰が依頼者と妻ヘイゼルを殺したのか。

殺された依頼者は、実は有名な画家だったことが分かり

トニーにも疑惑の目が向けられるものの、トニーは容疑を全面否定。

他の容疑者として、画家の妻と愛人アンジェリーナ(ローラ・サン・ジャコモ)が浮上。

自身の容疑を晴らしたいトニーは、愛人の犯行を疑い接近する。

しかし、美しいアンジェリーナに魅せられ、またしてもベッドイン・・

と、二―ソン演じるトニーの色ボケダメ男の悪あがきを描くわけです。

 

 

↑その帽子は河童の変装にしか見えませんからw

 

そもそもね、色ボケではあってもニーソンそんな悪者に見えません。

なのに決定的な証拠がないまま、犯人にされていくさまには憤りさえ覚えます。

死刑執行が迫る中、なんとかならないかと手に汗握ってしまうんですが・・

ところどころ「ん?」と思うところが出てきて、何気にグレイなのですよニーソンさんが!

 

そんなわけで

ネタバレはしないでおきますが、グレイゾーンをチラ見させつつ、最後まで犯人が分からない展開は大いに楽しめました。

 

ケネス・クラナム演じるフランク刑事はトニーの唯一の友人。

元同僚を色ボケから死なせてしまったことで警察仲間から総スカンを食うトニーだったが、フランクだけは、なんとかトニーの容疑を晴らそうと奮闘。

終盤の鬼気迫る活躍は主役を食うほどでしたが、途中から金田一シリーズの等々力警部に見えて仕方なかった。

「よしっ わかった!」を期待したのは私だけかな(笑)